眼瞼下垂の治療をして目元パッチリ~ヘルスEYEチェンジ~

female

目が開けにくいと感じたら

beauty

眼瞼下垂はまぶたが上げにくくなる状態です。大きな病気が原因となって起こる場合もあるので必ず診察を受けましょう。治療は手術がメインですが、まぶたは見た目の印象を左右する部位なので美容外科など美的センスも意識して病院を選びましょう。

Read More...

目の美容整形

beauty

眼瞼下垂には、先天性のタイプや様々な後天的要因によって起こるタイプがあります。瞼の疲労や炎症によっても生じるのが眼瞼下垂です。最近では、この眼瞼下垂の治療に的を絞って名医を探せるクリニックも出始めています。

Read More...

目を大きくすべきケース

beauty

自分の目の大きさに不満があっても、病院で目を大きくすることに躊躇する人もいることでしょう。ただ、まぶたが上がりにくいのであれば、眼瞼下垂という病気ですので治療を受けるべきです。

Read More...

根治には外科的切除が有効

痛くない眼瞼下垂の治療方法を知りたいのであれば、こちらのサイトが参考になります。手軽に行える治療方法ですよ。

ムダ毛が嫌だとコンプレックスを感じるようになったら湘南美容外科で脱毛を受けてみよう。見違えるようにツルツルの肌に変身出来ます。

肩こりや首こりも治せる

female

肩こりや首こり、さらに頭痛といった症状も眼瞼下垂によって引き起こされる事がよくあります。その理由は眼の開きが悪くなってしまうことで、まぶたを上げ下げする筋肉であるミューラー筋が自律神経を刺激して、体調の変化を引き起こすためです。このため眼瞼下垂の治療は、単にまぶたの開きをよくしてまぶたの重さを解消するだけでなく、副次的な症状である肩こりなども治せるメリットがあります。もし眼瞼下垂に加えて肩こりといった症状にも悩んでいる場合は、医師にそれらについても相談する工夫によって、より満足いく治療結果を望めます。さらに眼瞼下垂はまぶたを無理に上げようとしておでこのシワが出来やすくなるのも症状の1つです。これも医療機関で解消できるので、眼瞼下垂治療にあたっては、おでこのシワに悩んでいる場合は医師にこれらも相談すると良いでしょう。

症状と適切な手術

上瞼が開きづらくなる症状が現れるのが眼瞼下垂です。重度となると視機能にも影響を及ぼすため、必然的に治療が必要となります。特徴として眼瞼下垂には先天的理由と、後天的理由があります。先天的理由のものは生まれつき上眼瞼挙筋などのまぶたの動きを司る筋肉が弱いといった理由によるものです。後天的理由としては、コンタクトレンズの長年に渡る使用や、加齢によって上眼瞼挙筋が衰えてまぶたを支えきれなくなったり、眼筋疾患によって引き起こされます。適切な治療方法は一時的な効果を得られるものにはメスを使わない簡易な手術もありますが、根治を希望する場合は外科的切除が必須となります。治療は一般的な医療機関の他に、美容医療系の病院でも手術可能です。